2019年10月10日

かもめのジョナサンとワラーチのソールの厚さのこと。

『もしこのスピードで両翼をひろげたら、たちまち爆発して何万というカモメの切れはしになってしまうだろう。それを考えて彼は思わず息をのんだ。だが、彼にとってスピードは力だった。スピード..

続きを読む
posted by じてぼん。 at 00:02 | ベアフットランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする