2016年03月20日

自転車日本一周の食事の節約。

IMG_1556.JPG
前回、自転車日本一周の費用の話をして、食事、ご飯をどう節約するかを書かなかったので、今回はそんなことを書こうと思う。
本当はもう少しきちんと整理して、分かりやすく目次なんか付けて書く方が良いんだけれど、このブログは、どうも見出しを付けるとかそういう機能がいまいち弱いし、僕はズボラなのだ。文章量こそ書くが、整理整頓は小説を書くときくらいしかしないのだ。

さて、日本一周の食事の費用をいかに切り詰めるかの話だ。
まず、食費はあまり無理をして切り詰めない方が良い
食費を切り詰めると体を壊す
だから、別に三食外食で一日2000円くらい使ってしまっても、まあ、こればかりは仕方ないと考えても良い。
生きて行くには食事は必要だ。

日本国内だとバーナーを使って自炊していると問題になって、地域の方に迷惑をかけることもあるので、慎重にやらないといけない。
何だったらバーナー、自炊はなしでも良い。
それでも、米が炊ければ、物凄く節約になる。米だけ炊いてスーパーで惣菜を買ってきても良い。
そう、スーパーのお総菜コーナーは大事だ。

日本一周の食費の節約は現実的には、間食、途中での補給をいかに控えるかという点だ。
特に缶ジュース
缶ジュースはご法度だ。
どうしてもジュースが飲みたくなったら大きいペットボトルをスーパーで買うようにしよう。
かと言って、飲みきれない巨大なコカ・コーラを買うのも問題だが。

まあ、走っていて飲みたくなるものと言えば、アクエリアスなんかだろうから、その辺はスーパーで大きいのを買って、水で薄めて飲むようにする。
水は便所の水道の水で良い。
気になる人はペットボトルの水でも良いが、日本の上水道は安全なのだから、飲めるものは飲んだ方が良いように思う。
便所の水道水がぐびぐび飲める国なんて決して多くない。
そう言いつつ、僕は走っている時には冷たいコーラが飲みたくなる病なので、缶のコーラは時々買ってしまうのだが。
日本国内でも海辺なんかで野宿の夜に飲む缶のコーラは美味しい。

アルコールについても同様だ。必要不可欠なものではないから節約したいところだ。
缶ビールは敵だ。ウイスキーのポケットボトル辺りをちょっと舐めるくらいが眠りにくいテントの夜にはオススメだ。

まあ、そういうご褒美的なものはご褒美的に飲むから美味しい。
ご当地グルメなんかについては、好きな人はせっかくなのでどんどん食べても良いと思う。
僕は食事はあまりこだわらない人間なので、タイミングが合えばせっかくなので食べるくらいだったが。
日本国内の場合、無理して食べなくても、別にどうしても行きたくなれば新幹線でも飛行機でも行けるわけだから、金銭的に無理してまで全て食べなくても良いと僕は思っている。
ただ、自転車旅での大切な思い出になるだろうから、やはり食べたいと思ったものは少々無理してでも食べるのも良いと思う。
海の近くを走った時に食べた魚のことなんかは、やっぱり今でも美味しかったなぁと覚えている。
美味しいっていうのは、非常に素晴らしい思い出になる。

あまりストイックになり過ぎると楽しくなくなってしまうから、時々はそういうご褒美もOKなのだ。
そこらへんはバランスだ。

そう、食事をケチるよりも先に結構節約すべきものはある。
食事は必要であれば食べる
食って走って寝る。この三つこそが自転車旅だ。
その間に人に会ったり、良い景色に出会ったりする。
食うのはお金が掛かるけれど、どうしても仕方ないのだ。


そうは言うけれど、僕が日本をぶらぶらしたのは学生の頃が多かったから、食費も多いにケチった。
牛丼一杯で一日走るっていうこともよくしていた。
でも、やっぱり今考えると食事はきちんと食べて、もう少し別の節約すべきものがあったように思う。

長期の自転車旅行者は多かれ少なかれ絶えず飢えている
自転車で一日走る運動量とは大きい。
いかに食べても飢えている。
それを満腹にしようと思うと、財布の中身はすぐにすっからかんになってしまう。
だから、やっぱりいくらかは節約、我慢せざるを得ない。

ただ、走っている途中に倒れると困るので、非常食は何かしら持っておいた方が良い。
お菓子でも何でも良い。カロリーメイトなら荷物として邪魔にならないので、カバンの奥に一つ突っ込んでおくと安心だ。
中には外食したときにスティックシュガーを何本かもらっておいて、それをザラザラ舐めるというやつもいた。
人間、飢えると実にいろいろなことをする。
かく言う僕も真似したことがあるが、さすがにスティックシュガー単品は無理だなと思った。


海外を走って、村に辿り着かなくて野宿するなんていう場合には、自炊が必要だ。
そういう時には、前の村を出る時にだいたい分かっているので、食料なんかはいくらか用意する。
豆か肉の缶詰とパスタが多かった。
もちょくちょく炊いていた。やっぱり米が元気が出る。向こうの米は美味しくないのだが。
人がいる町に辿り着いたらスーパーで野菜を買って食べる。
コッヘルに米と切った野菜をぶち込んで一緒に炊いて、ケチャップと塩、コショウなんかをかけて食べまくる。

そう、実は野菜が一番困る
いつの時代の船乗りだよ、みたいな話だが、野菜っていうのは、どうしても保存が難しいので不足しがちだ。
冷蔵庫を背負って走るわけにはいかない。
長期の自転車旅行の時には意識して野菜は取った方が良い。
日本一周とかなら、キャベツでも買って塩を付けてかじるなんかでも良いかもしれない。
もちろん、キャベツだけ食べていても駄目なのだが。そのくらい野菜を取る意識は持っていないといけない。
健康あってこその自転車乗りだ。

そんなこんな。

posted by じてぼん。 at 20:00 | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする