2016年10月26日

松本からならやっぱり美ヶ原。

以前も美ヶ原は走っているが。
結局、松本から走るとなると、やっぱり美ヶ原が手軽で良い。
マップなんかは前の記事を参照してくださいませ。

美ヶ原の良さは何より町から近い
林道に入ってしまえば車が少ない
そして、景色が良い
そういう峠は日本全国探してもなかなかない。

IMG_20161024_133759.jpg

やはり信州の峠はすごい。
スケールが違う。

IMG_20161024_133240.jpg

今年の紅葉はいまいち色づきが悪かったので、あまり紅葉の写真は撮らなかったが、やはり秋の木々の雰囲気というのは抜群に良い。
特に上の写真は頂上の方なので、かなり葉が落ちてしまっていて、切なさがあって程よく気持ちいい。

IMG_20161024_111959.jpg
こちらは、美鈴湖より少しのぼったところから右折したあたりの、
全国学徒殉霊の塔というスポットへの坂。

実は隠れた景色のいいスポット。
さほど登ってもいないのにきれいに北アルプスが眺められる。
ちょうどこの時期にはこのあたりの標高が紅葉が良かった。

IMG_20161024_112207.jpg
一応、道の方にもこんな看板は出ている。


IMG_20161024_110336.jpg
IMG_20161024_110400.jpg
塔はこんな感じでかっこいいが、廃墟になってしまっていて立ち入り禁止とのこと。

IMG_20161024_110555.jpg
廃墟大好きなので自己責任で散策する。
結構雰囲気あって良い。

PANO_20161024_110738.jpg
北アルプスがずばっと見える。
そこまで上らずにこの景色は実に貴重だ。

美ヶ原の林道は、浅間温泉からの激坂(ツールド美ヶ原のコース)は結構つらい。
ただ、美鈴湖まで上ってしまえば、案外、そこから先は何とかなる。
浅間温泉じゃない方、美ヶ原温泉の裏の方から上る林道も入り口はしんどい。
あと、少々どこから登るかが、わかりにくい。
ぐるっとまわって登るルートもあるが、距離が伸びてしまう。

腹をくくって浅間温泉が良いんじゃないかな。
道がわかりやすいし、
激坂も楽しいし。
この日は工事していたので、美ヶ原温泉の方から登ったけど。

美ヶ原は標高こそ高いが、距離も片道30qない程度
松本からの往復なら、昼前にのんびり出発してもロードバイクでシャキシャキ上ればなんら問題なく楽しめる。
初心者の人でも、朝に出発すれば、途中で休みながらのんびり上れば良い。

とにかくアプローチが近くて車が少ないので良い。

初心者には本格的な峠ってつらいけれど、
美ヶ原の景色は頑張って上る価値がある。
ヒルクライム入門というには少々しんどいが、
天気の良い日にチャレンジしてみる価値は十分にある。

美ヶ原は決して楽な坂ではないが、
逆に言えば、美ヶ原さえ上れるようになってしまえば、日本のだいたいの峠も怖くない。

ああ、嘘だ。
美ヶ原よりつらい、怖い峠も世の中にはいくつもある。
それこそ信州の峠はどれも厳しい。
極上の峠だらけだ。

それでも、美ヶ原は本当に景色、走りやすさ、気持ちよさと非常に素晴らしい日本屈指の素晴らしいルートだ。

馬鹿の一つ覚えで美ヶ原ばっかりっていうのもアレだけど、
それでも、美ヶ原ばっかりでも良いかなって思えるほどに良い。

次回のルートは安房峠の予定。
松本→安房峠→富山→日本海沿い→鳥取→岡山
山小屋の仕事も終えて、故郷に戻るわけだ。

ちなみに、自転車で帰ると、宿泊費なんかを考えると、テントを使ったって新幹線で帰るのと大して変わらないくらいの金はかかる。
もちろん、時間は新幹線の十倍以上かかる。
改めて自転車旅行とは贅沢な遊びだなと思う。

そのあとにアフリカ。
その辺はまた改めて。

まあ、そんなこんな。

posted by じてぼん。 at 21:49 | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする