2017年03月12日

ナミブ砂漠はレンタカーで。

20170311

ナミブ砂漠を回ってきました。
ちなみにスマホをなくしたので、少し更新が滞ります。

さすがレンタカー、二泊三日でオフロードだろうが関係なくぐいぐい走ってくれました。
運転手付きはすごく楽で正解でした。
自転車で走るには難易度がけた外れに上がってしまうので厳しいかもしれませんが、不可能ではないと思います。
ただ、僕はもう帰国に向けてやる気が落ちているので、リスクはさけることにしました。
もう、根性が沸いて来ないです(笑)

---

『ナミブ砂漠レンタカーの情報』

とりあえずかかった予算は、
レンタカー+運転手代=1200ナミビアドル×3日=3600ナミビアドル(3人でシェアしたので1人あたり1200)
ガソリン代1800ナミビアドルくらい(3人シェアなので割る3)
宿
スワコプムント、Skeleton Beach Backpackers120ナミビアドル
ソッサスフレイキャンプ150+入場料80+車10+最後の4WDシャトルバス150ナミビアドル
運転手のご飯やら宿代やらなんやら500ぐらい(3人シェアなので割る3)
+自分のご飯とか。
まあ、だいたい一人2500〜3000ナミビアドルくらい。

+スカイダイビング2300ナミビアドル
+プロスカイダイバーカメラマン900ナミビアドル

と言ったところです。

ブッキングは、
レンタカー関係→ウィントフックのツーリストインフォで相談すれば案内してもらえます。
スカイダイビング→当日スワコプムントに到着して、宿に言えばオフィスを紹介してもらえ、タクシーに乗るくらいのノリで簡単に飛べます。

まあ、砂漠レンタカー情報はそんな具合です。

---

『自転車で走れるか』

素晴らしく美しい道で、
「ああ、自転車で来ればよかったかな」
と後悔もしつつ、
「それでも、やはり補給点があまりになさすぎるし、暑さも相当だから、やはり水が厳しいだろうな。車で楽しむっていうのはやはり正解だったかな」
と思いつつ。

舗装はやはり良くないです。
かなり砂が深そうな箇所もあり、峠もあります。

何より暑さと補給点がないのがつらいです。
水の補給がかなり厳しいと思います。
簡単に40度を越えますから、水は10リットルでも二日しか持たないでしょう。
その上、村や集落みたいなものが基本的にありません。
一部、キャンプサイトなどがありますが、ない区間は100キロ近く全く何もないので3日分の水は必要でしょう。
野宿に関しては、無人地域ですので、道のわきでも問題ないんじゃないかなと思うのですが、やはり水の確保が難しいと思います。

ただ、その気になれば可能かと思います。
というのも、外国人ツーリストの車が多いので、手を挙げて止めれば水や食料をいくらかはもらえるでしょう。
もちろん、交通量自体は多くはありませんが、一定数は観光客がいるはずです。

ただ、やはり相当に過酷ですから、かなりモチベーションがないと危険かと思います。
ボツワナも距離が長く野生動物の危険があり過酷ですが、比にならない過酷さだと思います。
僕の走った中で一番過酷だったアルゼンチンパタゴニアRuta40ペリトモレノ〜カラファテの区間と比較しても、やはり水の問題が深刻でしょう。パタゴニアの方は前に進めないほどの暴風がありましたが、砂漠はとにかく暑さから来る水の問題が一番だと思います。
さらに言えば、ソッサスフレイは別に行かなくても次の町に行けてしまう、いわゆるオマケの観光的な場所なので、無理をしてまで自転車で行く必要がないので、モチベーション的にもしんどいと思います。

ただ、抜群に道は美しいので、美しさにこだわる人なら自転車で行ったほうがいいのかもしれません。
ただ、レンタカーで行ってしまうと、新鮮味も落ちますし、きつさもわかってしまう分、もう無理です。
正直、悔しいところがありますが、やはり今の僕には無理です。

---

『総じてレンタカーで行くべきか、自転車で行くべきか』

時間と自信があれば自転車で行くべきでしょう。
きついですが、自転車で行く価値はあると思います。
やはりナミブ砂漠、さすがのナミブ砂漠です。

まあ、そうは言っても、スカイダイビングできたし、友達もできたし、ちゃんと砂漠も出来たし、まあ、良いか、っていうところなんですが。

---

そして、スマホをなくしました。
車酔いして、外で休憩した時にポケットから落としたらしい。
アフリカ二回目のスマホロスト。
一回目はロストというか、タンザニアで突然に画面真っ黒になりました。
まあ、タンザニア暑かったからね。

そんなわけで今日は画像なしです。
しばらく更新も滞るかもしれませんが、ウィントフックでぶらぶら無事に過ごしていますのでご安心くださいませ。

それにしても本当にスマホ、便利ですね。
紙の地図では町の拡大図や宿なんかの情報は出ないですが、スマホはそういうのが簡単に出るし、写真も手軽に撮れて簡単にアップロードできるし、バックアップも出来る。
旅行では必需品、一つ予備を持っていても良いくらいかもしれないな、と。

ええ、そんなこんなです。

posted by じてぼん。 at 03:38 | アフリカ自転車2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする