2018年03月09日

カーボン以外の選択肢。

カーボンとアルミ、クロモリについて改めて考えたりした。

一度カーボンの上位グレードに乗ってしまうと、アルミに乗るのが嫌になる。
意外とクロモリはそうでもない。

クロモリは坂を速く登るということに関してはイマイチだが、
別に坂を速く登る必要っていうのはあまりなかったりする。
やっぱりレースなんかを趣味にすると、どうしたってカーボンになるんだけど。

もちろん、軽い機材で登る方がゆっくり登るにしても楽は楽なのだ。
ただ、元も子もない話になるけれど、
楽という意味で言えば、原付だとか自動車が楽なのだ。

アルミはどうかと言うと、やはりゴツゴツ来る。
やっぱり疲れる。
それでも、2,3時間程度のサイクリングなら問題はない。
一日中走るとなると、やはりアルミは疲れる。

カーボンは、まあ、走りは良い。
お金があって、たまにレースもしたいならやっぱりカーボンだ。
あと、マウンテンバイクもかついだりするから軽い方が良い。

それでも、死ぬまでずっと乗るっていう話になると、
やっぱり金属の方が長持ちする。

ただ、昔みたいにクロモリを修理するなんてのもしてくれるところがなくなってしまったことを考えると一生モノなんてのは、現実的ではない。

服なんかでも良い物を長く着るより、
ユニクロの時代だ。

まあ、たいていのことがそういう時代なのかもしれない。

カーボンはカーボンで良いけれど、
カーボン以外の選択肢がイマイチないってのはどうなのかな、
まあ、カーボンの自転車を売っていれば売り上げにはなるし、
実際、カーボンの自転車ってのは走入が良いんだけど。
何とも複雑な気持ちになることがある。

そんなこんな。

posted by じてぼん。 at 00:15 | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする