2019年05月29日

ロードバイクのホイールの交換方法。

image1.jpeg

ロードバイクのホイールの交換方法について聞かれたので、そんな話を。


することは以下の通り。
・タイヤ交換
・カセットスプロケットの交換
・ブレーキのクリアランス調整
・ブレーキシュー交換(カーボンホイールの場合のみ)
・変速を確認して必要であれば変速調整

どれか一つでも分からない場合は自分でやらない方が無難。
特にホイールメーカーが違う場合には変速調整まで必要になることもあるので、1回目は自転車屋さんで工賃を払ってやってもらって、
・ブレーキのクリアランス調整が必要か
・変速調整が必要か
聞いておくと良い。

特に難しいことはないが、カセットスプロケット交換には専用工具が必要になる。
二本セットの工具で、チェーンがジャラジャラとくっついたような棒と、スプロケのネジ山を外すための棒だ。
スプロケ外しとかカセットリムーバーとか呼ぶ。Amazonだと↓のようなやつ。
プロ(PRO) カセットリムーバーセット ブラック/ブルー https://www.amazon.co.jp/dp/B00NJYF7F2/ref=cm_sw_r_cp_api_i_nAM7CbJ09VJ12

それ以外の工具は一般的に大抵のロードバイク乗りなら持っているアイテムで可能だ。

ーーー

まずタイヤを外して、移す。

普通にパンク修理と同じ手順でやる。
カーボンホイールは優しくしてあげるとベター。

新品のホイールにはリムテープを取り付けないといけないこともある。

交換後もどちらのホイールも使うなら、どちらにもタイヤを付けておくと便利。

ーーー

カセットスプロケットの取り外し


カセットスプロケットについても、どちらのホイールも使うという場合は両方に付けとく方が便利。

カセットスプロケットの外し方については、まずはクイックレバーを抜く。
チェーンのジャラジャラっとしたやつをカセットにかけて回らないようにしてから、カセットの頭に工具を入れて回す。工具はしっかり奥まで入れる。

たまにアホみたいに固いのがあるが、基本的には無理をしない。無理だと思ったら壊す前に自転車屋さんに持って行って頼む方が良い。

スプロケ外しはカンパ用とシマノ用で頭の形が違う。
基本的にはシマノ用しか売っていないが、たまにカンパ用があったりするので一応は注意が必要。

キャップを外すと、あとはバラバラとカセットスプロケットが抜ける。

たまにカセットがホイールのフリーボディに食い込んでいることがあって簡単に外れないことがある。変速が下手で坂なんかでトルクをかけながらガッチャーンなんて毎回変速してるとなる。特に軽量ホイールなんかでフリーの材質が柔らかいメーカーのものなんかに起こりやすい。
基本的に変速は優しくスムーズに。全てのパーツの寿命が伸びるし、足にも無駄な力がかからない。

ーーー

カセットスプロケットの取り付け


順番にはめていく。
ミゾにハマるよう入れていけば、基本的には正しく入る。
内側に大きなギア、外に小さなギアである。
スペーサーの位置については全てのギアが均等な間隔になるようついていればOK。
全て奥まできちんと入れる。

キャップをはめる時にはチェーンがジャラジャラ付いてる方の工具は必要ない。
とにかくまっすぐはめる。
キャップを斜めに入れて壊す人が結構多い。
まっすぐ入ってるようで斜めに入ってるという人も多い。
とにかく慎重にしめる。
少ししめて怪しいと感じた場合は一度外して、カセットも一回外して丁寧に入れ直してみる。

基本的にネジがなめると厄介なのでとにかく慎重にする。

規定トルクは30〜50N-mとなっているが、現実にはトルクレンチが使えないので、感覚でしめる。
30ニュートンってかなりのトルクだが、実際に力いっぱい締めてなめてしまう人が多いので、程よい加減にしめる。

装着したら、ガタツキがないか確認する。
ガタツキがある場合は何かがおかしい。
もう一度カセットを外して入れ直してみて、ダメそうなら壊れる前に自転車屋さんに駆け込む。

ちなみにこの手の基本作業については写真付きで詳しくわかりやすい、サイクルベースあさひのウェブページが優しい。

今はもうほとんどが11速になっているが、10速の場合は必要ならば1.75mmのスペーサーを入れる。
余談だが10速用ホイールに11速のカセットを付けたい場合は11-34Tなら使える。ただし、チェーン、リアメカなどの交換も必要だが。
11速用ホイールに11-34Tをつける時には1.75mmスペーサーが必要になる。
要は11-34T以上のMTB用カセットは10速用フリーボディのサイズなのだ。
余って使えなくなって困っている10速ホイールなんかには使える裏技だ。7900デュラエースなんかに使える。
あまり使うタイミングもないんだけど。

ーーー

ブレーキのクリアランスを調整する

最近のホイールはリム幅が広くなっているものが多い。
前のホイールとリム幅が大きく変わる時には六角レンチでブレーキワイヤーを外して、適切な位置に固定し直す必要がある。

ブレーキのアジャスタボルトだけで調整が可能なら、アジャスタボルトで調整する。
アジャスタボルトには限界がある。ギリギリまで緩めて使うと壊れることがあるので安全な範囲でアジャストする。
どっちに回すとブレーキが開くか理解出来れば難しくない。

リム幅が広いホイールの時はブレーキをオープン状態で使って、細いリムではクローズで使うという技もあるが、基本的にはブレーキはクローズ状態で使うように設計されているので、オススメしない。

六角緩めてワイヤーテンションをちょうど良いところに張り直すだけなので、自分で頻繁にホイールを変えたいという人は練習して習得しておきたいところ。

ーーー

ブレーキシューの交換

カーボンの場合は必ずする。
アルミでもカーボンでも使えるブレーキシューも存在するが、アルミで使ったらアルミの破片がシューの中に刺さることがあるので、基本的にはカーボンでは使わない。

カーボンホイールのシューは原則としてメーカー指定のものを使う。
スイスストップのブラックプリンスが万能ではあるが、メーカー指定のものを使わないと保証が効かなくなったりする場合もある。

普通に固定しているネジを外して入れ替えるだけ。
固いことがあるので、必要ならたたいて外す。もちろん壊れない程度に。

ーーー

変速を確認する

ホイール交換をすると、変速がズレることがあるので、いきなり走り始めず、必ず確認してから乗る。

特にリアメカのローのキャパは必ず確認しないと内側にチェーンが落ちたり、リアメカがホイールに巻き込まれて残念なことになる。

リアメカのキャパとはリアメカがどこまで動くかの設定だ。HとLと書かれているところのネジを締めたり緩めたりして調整する。
昔のものはプラスネジ、今のものは細い六角で調整するものが多い。

「ローのキャパとか分からない」という人は、手順としてはトップに入れて、3段くらい確認する。変な音がしないか確認する。
ここで正常に動けば、だいたい問題ない。そのまま全てのギアにきちんと入るか確認する。

問題はトップに入らない時だ。
変速を全てリリースしているのに、トップの2枚目に入ってしまったり、外にチェーン落ちしてしまう、あるいは2段目に入れようとしてるのに、二回変速レバーを操作しないといけないという場合はリアメカを完全に再セットアップしないといけない。

そこまで大きくズレることは少ないのだが、ごくまれにそういうこともある。

ーーー

基本的にはこの辺りのことをすればホイール交換自体は出来る。

ただ、新品のホイールや中古のホイールなんかは、
・初期フレの確認
・フリーにちゃんとグリスが入っているか
くらいは確認しときたい。

やはり初めて使うホイールに関しては1回目は店で取り付けをお願いしといた方があれこれ無難だ。
詳しい知人にやってもらうという話も多いが、結構ダメダメなこともある。お店に持ち込まれる車体の中にはブレーキシューが左右逆で斜めに付いていたりすることもある。

単純にはめるだけで上手く動いてくれる場合も多いが、安いものではないので壊れたら泣くに泣けない。
ブレーキ周りの設定が間違っていると、事故になることもある。

それぞれの作業自体は勉強して練習すれば難しくはないのだが、一回は正しい状態というのを知っておくというのは大事だ。

ま、そんなこんな。


iPhoneから送信

posted by じてぼん。 at 21:40 | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする