2020年02月22日

トレックのリムブレーキがバカ安になってる件。

トレックの軽量ロードバイク、エモンダの2020モデルがバカ安になったらしい。
https://www.cyclowired.jp/news/node/319777

この金額はもう手放しでバカ安だなと思う。
ロードバイク買うなら今しかないでしょって。普通にセカンドバイク、通勤用自転車に一台買っといても良いなと本気で思うレベルだ。本当に安い。
まあ、子どものお金に全て消えるので絶対無理だけど。

それにしても、こんなに安くするなんてトレックはもうリムブレーキについては、今の在庫を売り切ったらジャパンでの販売はやめてしまうんだろうか。

ーーー

店長してた頃は、トレックに価格を下げるなら、店の在庫分の赤伝切ってなんて交渉しなくちゃいけなくなって大変だったけど、今はそういうのも無いので気楽だ。

気楽は気楽だけど情報が掴めなくなってしまった。
安くなるのは、それはそれで良いことなのだが、問題はどうして安くなるかっていうことだ。
とうとうリムブレーキをラインナップからなくしていくんだろうか。

実際、トレックはマーケティングが上手いメーカーなので、ディスクブレーキがかなり売れていた。
業界としては単価の高いディスクブレーキを売りたいのだ。
でも、ディスクブレーキは重くなるし、ロードバイクでそんなにハードなブレーキするか?ってことで最初は非常に雲行きが怪しかった。
そんな中、ディスクブレーキに舵を切って、ディスクブレーキの時代に乗れるメーカーっていうのはマーケティングが強いメーカーだったわけだ。
マーケティングの弱いメーカーはディスクブレーキがなかなか売れずに苦戦する中、どんどんディスクブレーキを押し切ってしまうメーカーと分かれた。
アンカーなんかはマーケティングが恐ろしく下手だ。ヤル気がないのかと疑いたくなるほどだ。実際、アンカーの自転車ってものは結構良いんだけど、いかんせんマーケティングが弱いので、今もディスクブレーキのモデルが多くない。

ーーー

一人の自転車乗りとしては、僕はリムブレーキ賛成派なのだ。

ディスクブレーキの車体も一定期間乗っていたので、ディスクブレーキの方がブレーキは圧倒的に楽だから安心して楽に乗れるので明確に良いとは思うのだが。

重量や走りとかの話で言えば、確かにディスクブレーキは重いし、かたい。
でも、まあ、そこは良いんじゃないかなって思う。
結局、そこを求めても仕方ないのかな、って。
プロのレーサーは重量制限があるし、趣味で乗る分にはそういう軽さよりも安心に楽に乗れるっていう性能の方が現実的だと思うのだ。

ディスクブレーキのフレーム、足回りがかたくてしなりにくい感じがするのについては、近年は段々良くなってきているのも多い。

もう、リムブレーキは懐古主義なんて言われるかもしれないが、僕は懐古主義としてリムブレーキが好きなのだ。
クロモリにリムブレーキ。タイヤは25cはタブー。
そんな懐古主義的な理由で。
そういうロードバイクが僕は好きだ。

ーーー

あとは自転車屋に行くのが好きかどうかだろう。
僕は自転車屋で働いていたくせに、自転車屋に行くのが実はあまり好きじゃない。
アレコレ言われたくないのだ。
別に自転車屋に行ったからってアレコレ言われることもないのだろうが。

リムブレーキの車体はメンテナンスが楽だ。
そう頻繁に自転車屋に行かなくたって、だいたいのことが家で完結できる。
ディスクブレーキもそんなに難しいこともないのだが、やっぱりリムブレーキの方がいじり慣れてるし楽なのだ。

あと、申し訳ないのだが。
変速周りの調節が下手な自転車屋が少なからずあるので、あんまり自分の自転車を人にさわらせたくないのだ。

自分の乗り物を自分の好きなようにいじれる。
そういう意味でリムブレーキって気楽なのだ。

ーーー

話は脱線したが、トレックのリムブレーキが安いのは、リムブレーキ終了のお知らせなんだろうか。
だとしたら、寂しい。

まあ、確かに自転車屋に行くのが面倒なんて人間が喜ぶ自転車作るより、自転車屋に通うのが趣味、自転車屋でちょこちょこ車体を調整してもらうのが好きって人にとって良い自転車を作る方が、メーカーとしては理にかなっている。

次買うなら15万円くらいの安いティアグラの鉄の自転車、呑気に買い物でもなんでも使えて、60リットルのザック背負って気楽に野宿旅できるようなやつにしようかな、なんて真剣に考えたりする。
まあ、フルカーボンもすごく良いんだけど。

原点に帰れば、呑気に遊べる自転車が欲しいなって最近考えたりする。

とかなんとか言って、結局、ディスクブレーキのフルカーボン買ってそうだけど。

ま、そんなこんな。
posted by じてぼん。 at 22:33 | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする